小林麻耶の病気はホントに統合失調症?現在はパニック障害?本当に旦那から洗脳されてるの?

小林麻耶は病気で精神疾患なの?統合失調症?

元TBSアナウンサーで、典型的なぶりっ子キャラとして人気だった小林麻耶。だが、ここ数年は見た目も言動も激変しており、精神疾患などの病気なのではないかと言われている。

病気といっても幅が広く、統合失調などの病気の候補が挙げられているが、真相は定かではない。

(広告)

芸能ニュースだけでなくマンガもサクッと楽しみたい!そんなあなたにオススメなのが「イーブックジャパン」。

数万冊の新作がスマホで手軽に読めちゃうし、しかも無料マンガも充実!これでエンタメには困らない!



小林麻耶の病気説が流れている理由

TBSの看板アナウンサーであり、田中みな実と並ぶぶりっ子キャラとして一世を風靡した小林麻耶だが、なぜ病気説が流されてしまったのだろうか。

小林麻耶の病気説が流れてしまう理由について詳しく見ていこう。

突然の激やせ

ここ数年、特に結婚後は目に見えて激やせしている小林麻耶。見た目の変化は病気ともいえるほどで、瘦せたというよりもやつれたといったほうが正しいかもしれない。

旦那による洗脳騒動

整体師であり、「宇宙ヨガインストラクター」としても活動している國光吟(くにみつあきら)氏と結婚して以来、病気説がささやかれるようになった小林麻耶。

その病気は旦那による洗脳からきている、という噂もあるが、表情の変化を見るかぎり、洗脳の可能性もうっすらちらついてしまう。

YouTubeで市川海老蔵を批判

小林麻耶の病気説がにわかに盛り上がったきっかけは、市川海老蔵への批判動画である。

仮にも親戚関係にあった市川海老蔵を突如、YouTube上で一方的に批判するというのは、病気を通り越して常軌を逸した行為である。

市川海老蔵としても、今のところは無視しておくしかないのだろう。

バイキングを途中退席

正直、テレビでは「バイキング」ぐらいしか見る機会のなかった小林麻耶。

しかしながら、2021年には生放送中に途中退席しており、なおかつTBSの情報番組も突如として降板になっていることから、この時すでに病気が始まっていた、とも考えられる。

小林麻央と神田沙也加を降臨

旦那と結婚後、スピリチュアルに目覚めた気配のある小林麻耶。その一端が小林麻央、神田沙也加の降臨騒動である。

実の妹を亡くした悲しみを癒したい気持ちはわかるが、血相を変えて「妹の魂をよみがえらせる」などと言っているのだとしたら、やはり病気の入り口と言わざるを得ないだろう。

ブログで病気がわかる?

YouTubeだけでなく、個人ブログでも市川海老蔵やマスコミを痛烈に攻撃している小林麻耶。

その文章は仮にも言葉のプロとは言えないほど感情的でもあり、また、人間としての感情を一切失っているかのような痛々しさすらあった。

これも病気の影響なのだろうか。

突然の謝罪要求

小林麻耶の病的な攻撃の矛先は、市川海老蔵だけではない。

ホリエモン

ホリエモンと小林麻耶はかつて書籍を共同執筆したことがあり、出版記念イベントでは旦那の國光氏とも面識があるという。

堀江氏は後日、箕輪氏とのYouTube動画において國光氏を「かなりヤバいヤツ」として批判。これに激怒した小林麻耶が本人に直接謝罪要求した、というわけ。

旦那まで病気と言われたことが神経にさわったのかもしれない。

箕輪厚介

箕輪氏は小林麻耶の旦那とは直接の面識がないものの、YouTube動画ではT堀江氏の発言に全面的に同調しており、小林麻耶にとっては同罪に思えたのかもしれない。

小林麻耶の病気に対する世間の反応は?

真偽のほどはともかく、小林麻耶の病気説はすでに世間に知れ渡っている。

小林麻耶の病気説に対する世間の反応としては概ね「かわいそう」という声が多く、同情的な意見も多少はあるようだ。

小林麻耶は旦那と離婚!國光吟ってヤバいの?宗教やオカルト好き?すでに洗脳されてるの?

小林麻耶の病気は何?統合失調症?双極性障害?

小林麻耶の病気については、すでにいくつかの候補が挙げられている。具体的な病名から小林麻耶の病気説を検証していこう。

統合失調症

小林麻耶の病気として現時点で最も可能性が高いと言われているのが統合失調症である。

統合失調症はかつて精神分裂症と呼ばれていた病気であり、病名のイメージがきつすぎるという理由で現在の呼称に変更された。

主な症状としては幻視・幻聴などがあり、現在は薬物療法によって緩和できる病気としても知られている。

双極性障害

双極性障害とはかつて、躁うつ病と呼ばれていた病気である。

気分の浮き沈みが激しい病気であり、いわゆる躁状態の時は身の丈に合わない仕事を引き受けたり、巨額の買い物をしてしまったりする。

小林麻耶の場合もローテンションとハイテンションを周期的に繰り返しており、この病気の症状にあてはまる部分が多い。

退行性パラノイア

退行性パラノイアは一般的にはあまりなじみのない病気かもしれない。退行とはこの場合、理性を失っていく、といった意味になり、病気が進行するにつれて人間本来の感情的な部分が見えてくるようになる。

パーソナリティ障害

パーソナリティ障害はある意味で現実的な病気であり、解離性、境界性、回避性、反社会性など、病気の症状によっていくつかのパターンに分類される。

小林麻耶のこれまでの言動を見るかぎり、境界性パーソナリティ障害、あるいは解離性パーソナリティ障害のいずれかではないかと思われる。

小林麻耶の病気は現在も不安定!

現在もなお奇行が収まっていない小林麻耶。市川海老蔵との関係修復もまだまだほど遠いようだ。

本当に病気なのだとしたら、適切な治療を受けたうえで社会復帰を目指してほしい。

芸能

Posted by media-freak