動画編集のコツを紹介!【中級者と上級者】

動画編集とは

動画編集とは、撮影した映像をパソコンやスマホに移して繋ぎ合わせたり、加工をしたり、テロップを入れたりして、適切な形(動画)に仕上げていくことだ。

テレビCM、YouTubeに掲載するプロモーションビデオ、またInstagramやFacebookに掲載する広告動画など、さまざまな形のアウトプットがある。

動画編集のコツは存在するのか

動画編集にはコツが…….存在する!!

例えば、サッカーをする際、コツやテクニックが存在するのは、誰でもわかるだろう。このように、何かをする際、コツやテクニックが必ずある。

だから、動画編集にも、コツやテクニックがある。

コツやテクニックについては次の次の段落で紹介をする予定だ。

動画編集をする際のコツを紹介!パソコンやスマホで動画編集をする時のそれぞれの方法を紹介!

正直動画編集のコツを意識するのは?

動画編集でコツやテクニックを意識するのは大変重要だ。

コツやテクニックを知っている人と知っていない人では、動画編集をした動画には大きな違いがうまれてしまい、その大きな違いがとても動画にとって重要になってくる。

最低限見栄えのよい動画を作りたいのであれば、絶対にコツやテクニックを知っておくべきだ。

【復習】動画編集のコツ【初心者】

初心者向けの動画編集のコツについてあらためて見ていこう。

使用素材(絵や写真)にこだわる!

動画編集のコツやテクニックと言っても案外根っこは単純だ。

視聴者は、その動画をみる訳だから動画内に出てくる写真や絵には、いい加減にせず
自分が納得する写真や絵を選んで使おう。

使用音源(効果音や音楽)にこだわる!

動画を見ている視聴者は、画面だけではなく、音楽や効果音を聴きながら動画を見ている人もいる。また、「音楽や効果音が自分の好みだから」という理由で動画を視聴する人もいる。

その根拠となる物は、例えばyoutube上で「テンションが上がる曲100選」という動画を見たことはないだろうか?あの動画はとても視聴回数が高い、

動画内で使われる音楽や効果音をこだわって使えば、その動画を好む人が出てくるだろう。

テロップにこだわる!

作るジャンルによるが、トーク系の動画を作る際は必ず一文字一文字にテロップをつけて視聴者に内容が伝わるようにしよう。やはり、フルテロップの動画とフルテロップをサボった動画ではとても差がある。確かにフルテロップは、みんなが思っている以上に大変だがそこをサボると周りと差がついてしまうから大変でも、テロップにこだわろう。

音声にこだわる!

大半の動画では、音声が入っていると思う。

視聴者は、音楽や効果音だけを聞いている訳ではない。音声がある動画の場合その音声も聞いている。トーク系の動画の場合、声がボソボソしたり、恥ずかしがってはっきりと喋っていなくて聞こえにくい動画はネットの世界では伸びないと思った方がいい。

もし、自分の声に自信がなく、上のように喋ってしまうのであれば、ゆっくりボイスを活用するといいだろう。

オリジナルのロゴを制作する

動画編集は動画を見てもらうだけではない、見てもらったあとに継続的に見てもらうファンを獲得することも考えて編集しなければならない。その場合、オリジナルのロゴを作って動画に使うと視聴者の印象に残りやすく、動画を視聴し終わったあとに、その人の動画を探しやすい。ロゴを制作するに当たっておすすめのサイトは以下の通りだ。



動画編集のコツ【中級者と上級者】

ここからはいよいよ、中級車・上級者向けの動画編集のコツについて見ていこう。

カメラワーク

編集技術に直接関わるポイントではありませんが、撮影から編集まで一人でこなすYouTube動画制作においては、カメラワークが編集内容に大きく関わってくる。ジャンプカットの項目でも述べましたが、トークメインの撮影でも本来は2つカメラを使うほうがより自然な映像を撮影できますし、編集の幅も広がる。画面のつなぎなど、後の編集を考えたカメラワークを意識すると、より魅力的な動画を制作だろう。

エフェクトをうまく取り付ける

動画編集には数多くのエフェクトが用意されていますが、エフェクトの種類を可能な限り覚えておいて場面に応じて適切に使いこなすと、動画表現の幅が大きく広がる。

高性能なエフェクトの専用ソフトも用意されており、その気になれば映画やテレビ並の高品質な動画を作成することも。エフェクトは単一のものに掛け合わせて使うこともでき、表現の幅はかなりの広範囲にわたる。エフェクトの活用はセンスがとわれるので使いこなすには、様々な動画や映像を研究しなければならない。

まとめ

動画編集は、とてもむずかしくたのしい職業だ。だが、動画編集はコツやテクニックを意識するだけで簡単な職業になる。

動画編集をするのであれば、シンプルを心がけたらいい作品が作れるとだろう!