アジテーションの意味は?基本的な使い方と語源・例文・由来を徹底解説!病気の名前なの?

アジテーションってどういう意味?心理学用語?由来も!

「アジテーション」は、「ブロパガンダ」とともに、使われることが多い言葉ですが、過激な政治活動が行われなくなった現代の日本という国は、その意味を知っている人は少なくなっている。

この記事では、「アジテーション」の意味や、語源の英語の意味、加えて、使い方やプロパガンダの意味との違いについて、解説する。

仕事の関係で、最近よく、「アジテーション」という言葉をよく聴くようになった。直訳が、「扇動」という意味だということは、知っていたのですが、会話の中で使われる場合、必ずしも、「扇動」という訳が、当てはまらない場合も多くあったので、調べてみることにした。
アジテーションというと、プロパガンダと似た意味というふうに捉えられている風潮ではあるが、微妙に違う。

  • プロパガンダ:政治的背景を持った宣伝活動。
  • アジテーション:不安や問題点など、煽り、民衆を扇動すること。本来であれば、上記のような意味合いのある言葉である。
    一見、大きな組織や、著名人でないと、使いこなせないような印象であるが、実生活にも応用できる。

アジテーションの意味

「アジテーション」は、英語の「agitation」を語源とする、カタカナ語である。「扇動」を意味する。「扇動」とは、人の気持ちを焚きつけたり、煽り立てたりして、ある行動を起こすようにしむけることをいう。

特に、政治的意図を持って、大衆に向けて強い調子で演説を行ったり、そのような文章を書くことによって、人々を扇動したりする行動について、報道や、新聞などにおいて、「アジテーション」の表現が用いられる。

単なる、「演説」との違いは、大衆の不満などに訴えかけて、気持ちを揺さぶり、行動を起こすように「煽る」「焚きつける」と言った側面が大きいことだ。

アジテーションの語源

アジテーションの語源である、英語の、「agitation」の意味をまとめて、確認していきたいと思う。「agitation」には、「扇動」と、「興奮」の2つの意味がある。人々を、焚きつけたり、感情を煽ったりすることを目的として、行う活動を表現する時の、アジテーションは、「扇動」の意味から派生したものであり、認知症による興奮状態を、表現する時の、アジテーションは、「興奮」の意味から派生したものである。

アジテーションは病気という意味だった?

「扇動」の意味で使われる、アジテーションの語は、医療用語では、全く別の意味で使われている。英語の「agitation」には、「扇動」の意味の他に、「動揺、興奮」という意味もあり、医療用語のアジテーションは、後者の意味に由来している。

特に、認知症に伴う、行動障害である、「興奮」や、「不穏」の症状を、アジテーションと呼ぶ。具体的には、行動が過剰で落ち着かない状態や、気持ちが不安定で、危険を孕んだ状態である。

アジテーションの派生語は?

「アジテーション」とは、人の気持ちを煽り立てるような、扇動の意味を持つ言葉であることを説明したが、具体的には、大衆の不満を政治的な意図の元に煽ったり、意見の対立する相手を挑発するような、演説や発言を行うことを、「アジテーション」と表現する。

例文をあげると、「かの国の、大統領の演説はまるで、アジテーションだ。」「あの政治家の発言は、アジテーションにほかならない。」などと主に、文語的な表現として、使う。

アジテーションの類義語は?

アジテーションを、行うことを、かつては口語で、「アジる」と表現することがあった。アジテーションの、「あじ」を、動詞化した言葉である。

「アジる」は、戦後の安保戦争や、1960年代に、盛んとなった、全共闘運動などの時代に、学生運動の盛り上がりと共に、おおくもちいられた。例えば、扇動演説を行いに出向くことを、「あじりに行く」といったり、扇動活動のことを、「ビラを巻いてアジる」などと表現した。

近年は、過激な学生運動や、政治活動が行われなくなったことから、アジテーションが、身近なものではなくなり、「アジる」というような表現も使われなくなった。

アジテーションの英語表現は?

ここで、「アジテーション」に似た意味を持つ言葉に、「ブワロパガンダ」がある。英語の「propaganda」を語源する、カタカナ語である。「政治的意図を持つ宣伝や、主義、思想などの宣伝」のことをいう。

具体的には、政治的な考えや、思想、特定の手技や、宗教的背景を持つ狭義などを一方的に宣伝し、個人や、集団に影響を与えて、意図した方向へ誘導しようとする活動を、総称するような表現である。
「プロパガンダ」が、「政治的意図を持つ宣伝」を総称する言葉であるのに、対して、「アジテーション」は、プロパガンダの一環である、扇動のための、演説や、文章を書く行為に対して、使われる表現である。

(広告)

芸能ニュースだけでなくマンガもサクッと楽しみたい!そんなあなたにオススメなのが「イーブックジャパン」。

数万冊の新作がスマホで手軽に読めちゃうし、しかも無料マンガも充実!これでエンタメには困らない!



アジテーションの意味と使い方を例文で理解しよう

アジテーションの意味や使い方を理解したところで、例文を使って、より分かりやすく、意味をより詳しく説明していく。

例文①

アジテーションを使った例文を入れてください。以下、同じです

例文②

「かの国の大統領の演説はまるで、アジテーションだ。」

例文③

「あの政治家の発言は、アジテーションにほかならない。」

例文④

私は、自分の国の総理大臣を、生まれた頃から見たり聞いたりしているが、あの総理大臣の発言は、「アジテーション」にほかならない。

例文⑤

自分は、隣の国の首相を、生まれた頃から見たりきいたりしているが、発言が全体的に、アジテーションにほかならない。

例文⑥

アジテーションは、政治的な背景で利用されるより、最近では、マーケティングの分野で使われることが多くなった。ダイエットで例を取ってみる。

「りんごダイエットで楽して痩せよう!」
というダイエットが流行ると、その後に新たなダイエットをはやらせるためには、「りんごダイエット」を否定しなければならない。そうすると、「りんごはばかり食べると、飽きるから、ダイエットに向いていない。」などりんごダイエットの欠点をアジテーションとして、「楽しくしっかりエクササイズ!頑張った分だけスッキリボディ」のような現実的なダイエットが流行る。

どちらのダイエットも、間違いではないのだが、着眼点をかえるだけで、ダイエット法をやることに意味を感じなくなってしまう。ちなみに、「エクササイズするダイエット」も、「辛いダイエットは結局三日坊主でやめてしまいます!だから、食べてもいいダイエットがよい!」のような形で塗り替えられる。

このように、最近は、アジテーション風のマーケティングをよく見かける。これは、実生活に活用できると感じる。100%上手くいくわけではないが、欠点を述べた後に、利点を伝えることで、ただ漠然と伝えるよりは、そうなる確率は増えると感じる。

アジテーションの意味は意外と簡単!

「アジテーション」とは、一般的には、「扇動」の意味で用いられ、特に政治的、思考的意図、をもって、大衆を煽る目的で、行われる演説のことを指す。過激な発言に対して、「それではまるでアジテーション」だ。批判的、比喩的に用いられることもある。

語源の英語、「agitation」には、「扇動」の他に、「興奮」の意味もあり、医療用語としては、「認知症による興奮状態」を指す言葉としても、使われている。

また、過激な学生運動や、政治的活動が盛んであった、1960年代には、「アジテーション」を行うことを、「アジる」と表現することもあり、「あじ」は、身近な言葉であった。しかし、時代の流れとともに、「アジテーション」、「アジ」とも、現代では、あまり使われない言葉となっている。

このように、アジテーションの意味は、意外と簡単である。

サボタージュの意味は?基本的な使い方と例文・由来を徹底解説!英語表現も!病気の名前なの?
毒親の意味は?基本的な使い方と例文・由来を徹底解説!病気の名前なの?
メタファーの意味は?基本的な使い方と例文・由来を徹底解説!病気の名前なの?