サボタージュの意味は?基本的な使い方と例文・由来を徹底解説!英語表現も!病気の名前なの?

サボタージュってどういう意味?心理学用語?由来も!

サボタージュとはどういう意味なのだろうか。心理学用語なのか。由来も含め紹介していこうと思う。

サボタージュの意味

サボタージュとは労働組合の争議戦術の一つであり職場にはつくが、仕事の能率を下げて経営者に損をさせ、紛争の解決を迫る方法のことをいう。

(参考:「サボタージュの意味とは?ただ単にサボるとは違う!企業は種類を知って注意しよう」)

サボタージュの由来

サボタージュの由来は、フランス語だ。 フランス語の「sabotage」からきた言葉であり、仕事がうまくいかないときなどに、そのイライラから木靴で作業用機械を蹴り壊したという話がその言葉の語源とされている。

「サボる」の語源?

日本では労働争議の戦術としての「怠業・怠けること」という意味でサボタージュという語が使われており、そこから転じてサボるという略語が生まれたとも言われている。

サボタージュの英語表現は?

サボタージュは英語でSabotageと書き、sabotageの類義語でvandalizeで破壊するという意味がある。

サボタージュは病気という意味だった?

サボタージュは「大企業病」とも言われ、組織の意思決定を麻痺させる。

本人は意図していないため、気づかせるのが効果的だ。

サボタージュには2種類ある?

サボタージュには2種類種類があると言われている。では、サボタージュとはどのような意味があるのだろうか。

積極的サボタージュ

積極的なサボタージュとは商品や商品を生産するための機械など、会社が所有している財産を破壊・毀損したり、故意に不良品を生産するなどして、組織の業務を直接的に妨害する行為を指す。

消極的サボタージュ

消極的なサボタージュは労働者同士が団結し、組織の作業能率を全員で低下させる行為は、消極的サボタージュと呼ばれている。 日本語の「サボる」に近い状態だ。

サボタージュは違法?

サボタージュが違法になることもある。正当なサボタージュであれば、労働条件や労働環境を改善したい労働者の争議行為として刑事免責や民事免責も認められる。

サボタージュの類義語とその意味は?

サボタージュの類義語はどのようなものがあるのだろうか。

ストライキ

ストライキとは、労働者による争議行為の一種で、 雇用側(使用者)の行動に反対して被雇用側(労働 者あるいは労働組合)が労働を行わないで抗議することだ。

ピケッティング

ピケッティングは、ストライキが行われている事業所等に労働者の見張りを置き、スト破りの就労阻止、他の労働者へのストライキ参加の促進、一般人へのストライキのアピール等をする行為である。

ボイコット

ボイコットとはある特定の人物を共同で排斥することや労働組合の争議戦術の一方法で争議中の企業の製品を購買しないように第三者に呼びかけ排斥すること。 また一般に、組織的・集団的な不買運動、不買同盟のことを言う。

サボタージュの影響は?

サボタージュは労働者が業務を休んだり、あるいは一部の業務を拒否したりするため、どうしても製品・サービスの量や質が低下する。

サボタージュの原因とその意味は?

サボタージュの原因とその意味はどうなのだろうか。

賃金

賃上げのためにサボタージュが行われるときは、成果に見合わない賃金や極端に低い賃金であることが原因だ。

労働条件

労働条件のためにサボタージュが行われるときは、残業や休日出勤が多いこと、有給休暇の取得率の低下といった劣悪な労働環境であることが原因だ。

グローバル企業における理解不足

グローバル企業においては、現地の労働者への思想・文化・制度への理解不足であることが原因だ。

経営方針

経営方針の変更が原因でサボタージュが行われることがある。

経営者の交代や会社を取り巻く環境変化をきっかけとして、労働者の痛みを伴う改革が行われると不満が高まりサボタージュが行われる。

サボタージュの意味と使い方を例文で理解しよう

サボタージュの意味と使い方を例文で理解しようと思う。

例文①

怠業はサボタージュという意味だ。

例文②

サボタージュは労務関連の専門用語である。

サボタージュはあまり会話に使われない

派生した俗語であるサボりのイメージが強いことや、テロリズムと混同されるケースが多いためサボタージュは使われないことが多いため、例文はあまりない。

サボタージュの意味は意外と簡単!

サボタージュの意味は意外と簡単である。使う機会は少ないかもしれないが、知識として入れておくのは良いだろう。

イップスの意味は?基本的な使い方と例文・由来を徹底解説!本当は病気の名前だった?類義語も!
サイコパスの意味は?基本的な使い方と例文・由来を徹底解説!本当は病気の名前なの?対処法も!