PS5のソフトは何を買うべき?発売予想は?リーク情報はある?互換性もチェック!

PS5のソフトが一覧で公開!リーク情報はある?

PS4の後継機としてその存在が公表されたPS5。発売は当分先のようだが、早くも最新ソフトが一覧形式で公開されている。PS5の対応ソフトと発売日、価格について見ていきたい。

PS5の最新ソフトが一覧で公開!

PS5の発売に先がけて、ネットでは早くも対応ソフトが一覧形式で公開されている。PS5の対応ソフトでは何を買うべきなのだろうか。現時点でリークされているPS5の対応ソフトは以下の通りである。

・Astro’s Playroom (JAPAN スタジオ)
・デモンズソウル (Bluepoint Games / JAPAN スタジオ)
・Destruction All Stars (Lucid Games / XDEV)
・グランツーリスモ7 (ポリフォニー・デジタル)
・Horizon Forbidden West (Guerrilla Games)
・Marvel’s Spider-Man Miles Morales (Insomniac Games)
・Ratchet & Clank: Rift Apart (Insomniac Games)
・Returnal (Housemarque / XDEV)
・Sackboy A Big Adventure (Sumo Digital / XDEV)

ただ、「グランツーリスモ」シリーズについては過去のPSのリリースと同時発売が毎回発表されるのだが、なぜか必ずリリースが延期される、というジンクスがあり、PS5でも発売が大幅に遅れる可能性は充分にある。

PS5の発売日は?

PS5の発売時期については当初、2019年のうち、というのが有力だったが、結局は開発が現在までずれ込んでおり、2020年末にリリースされるのではないか、との見方が強まっている。

ただ、土台となる開発キットはすでにほとんどのスタジオに行き渡っており、また、主力ソフトも公開されていることから、さすがにこれ以上発売日がずれ込むことはないと考えられる。

<h3<PS5の価格は?PS4より安い?/h3>

PS5の発売にあたって何よりも気になるのが価格である。PS5のリリースが最初に発表された時点では8万円以上、最高で10万円超えもあり得るとされていたが、リーズナブルなモデルでは4万円程度でリリースされる、というリーク情報もある。

PS5では、従来通りディスクドライブのついたモデルと、ディスクドライブがなく、ソフトもダウンロードのみによって利用する「ダウンロード・エディション」が同時にリリースされるとされており、「ダウンロード・エディション」のほうがやや価格が下がるだろうとされている。

ソフトの価格も高い?

PS5本体の価格以上に気になるのがソフトの価格である。PS4の対応ソフトの価格はハイスペックなアクションゲームなどで8000円程度だが、PS5ではダウンロードが主流になるという噂もあり、ソフトの価格も平均で5000円程度におさまるのではないかとの声もある。

ソフト以外もすごい!PS5のリーク情報からスペックを予想

PS4をはるかにしのぐレベルのスペックを誇るとされるPS5、ソフトのクオリティを最大限に実感するためにも、PS5の基本スペックについて詳しく見ていこう。

互換性は?PS4以前のソフトもプレイできる?

PS5を購入するうえでチェックしておきたいのが互換性である。どんなにハイスペックで最新ソフトが充実していたとしても、歴代のPSの名作ソフトをプレイできなければ魅力は半減してしまう。

もちろん、PS5ではこの点についてもしっかりと配慮されており、PS3、PS4の対応ソフトについては互換性を持たせた、と発表されている。つまり、PS4の名作ソフトも問題なくプレイできる、ということであり、歴史が分断されることもないわけだ。

グラフィックがすごすぎる!/h3>

PS5の注目ポイントは何といっても、グラフィックの進化である。グラフィックの緻密さについてはPS4の段階でもすでに最高峰であると評価されており、「実写を超えた」とまで言われていたのだが、PS5ではグラフィックのハードルを軽々と乗り越え、実写以上のレベルへと到達しようとしている。

PS5においてグラフィック性能の根幹をなすのはGPUである。PS5ではカスタムRDNA2が搭載される予定となっており、PS4でも実現できなかった10.3FLOPSを軽々と実現できるレベルに到達していると言われている。

FLOPSとはコンピュータの浮動小数点演算の基本単位だが、要するに、「1秒間にどれだけの情報量を処理できるか」ということを表す指標であり、この数字が大きくなるほどグラフィックも高品質になっていく。

ゲームのロード時間も最速!

ハードディスク方式を採用していたPS4とは異なり、PS5ではSSDによるローディングシステムが採用される見通しになっている。SSDはハードディスクのように物理的接触によって情報を読み取る方式ではないため、情報の読み込み速度が格段に向上し、PS4では20秒以上かかっていたロード時間がPS5では同じ条件で1秒未満にまでなるなど、ゲームをさらに快適に楽しめる環境がととのっている。

オンラインゲームもサクサク?

SSD方式を採用しているPS5ではゲームのロード時間が圧倒的に短く、複雑なグラフィック処理を繰り返すハイスペックなオンラインゲームもラグを気にせず、ストレスなくプレイできると期待されている。

音質もすごい!

PS4では音質をあえて重視しなかったため、コアなファンからは不評を買ったと言われている。

その失敗に懲りたのか、PS5では新機軸の音響システムとして「Tempest 3D」を採用し、Xboxシリーズの追随を振り切ろうとしている。

この音響システムでは、文字通りサウンドを360度にわたって忠実に再現することができ、これまで以上にリアルで真に迫った音質が楽しめる。

臨場感たっぷりのアクションゲームやホラーゲームでは360度スキのない音響によってさらなる没入感を実現することができる、というわけだ。

PS5でも映画が観られる?

PS4ではゲーム以外にサブスクリプションサービスにも対応しており、「ゲームはほとんどしないけど映画やドラマを観たいからPS4を買った」というユーザーも多かったはずだ。

もちろん、そのシステムはPS5でも引き継がれる予定で、アカウントさえ入力すれば現行のサブスクリプションサービスをそのまま楽しむことができる。

ただ、PS5以降はディスクドライブのないダウンロード・エディションが主流になるとも言われており、今後はDVDやパッケージソフトを入れる、という概念そのものがなくなっていくのかもしれない。

桃太郎電鉄の新作がPS4でリリースされないのはなぜ?ニンテンドーSwitch版は?

PS5で出てほしいソフトは?勝手に大予想!

ローンチタイトルのソフトも続々と公開されているPS5.PS5でぜひともリリースしてほしいおすすめソフトについて勝手に予想していこう。

桃太郎電鉄

ボードゲームの定番ソフト。意外なことに、PS2以降は新作ソフトとしてはリリースされていない。原作者とのトラブルも噂されているが、Switchでは最新作のリリースが発表されているということで、PS5でもぜひとも復活してほしい。

モンスターハンター

PSシリーズの金字塔といえばモンスターハンターである。初代から絶大な人気をキープしていたが、オンラインゲームになったことでさらにファン層が広がり、人気ソフトとして定着した。PS5のグラフィックを最大限に活かせるソフトということで、新作のリリースに期待したい。

バイオハザード

言わずと知れたホラーアクションの決定版。PS4でもリメイク版がリリースされたばかりだが、PS5ではぜひ、最新ソフトとして戻ってきてほしい。

ファイナルファンタジー

オンラインゲームとしても、やりこみゲームとしても圧倒的な人気を誇る人気RPG。PS5でもオンライン版とオフライン版の2本のソフトが見てみたい。

ドラゴンクエスト

ファイナルファンタジーとならぶ超人気RPGソフト。ファイナルファンタジーよりも子供向けのソフトというイメージがあるかもしれないが、グラフィックはもはや実写そのものであり、PS5でもそのポテンシャルを発揮してほしい。

PS4で牧場物語の新作が登場!ダウンロード版も人気!おすすめソフトを紹介!

PS5のソフトがいよいよ公開!互換性と発売日も要チェック!

続々とソフトが公表されているPS5。基本スペックのほうもほぼ公開されており、グラフィック、ロード時間、音質、すべての面でPS4をはるかにしのぐレベルであると期待されている。