公開日はいつ?映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』の主要キャストと原作解説!続編も決定?

ミステリー, 屍人荘の殺人

公開日はいつ?映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』のキャストと原作解説!

神紅大学に通う葉村譲(神木隆之介)はミステリ愛好会に属していながら、「神紅のホームズ」と言われている明智恭介(中村倫也)に連日論破されまくるという日々を送っていた。

そんなある日、葉村と明智は神紅大学に通う剣崎比留子(浜辺美波)から、紫湛荘というペンションで行われる、音楽フェス同好会の夏合宿への参加を持ちかけられる。実は比留子のもとには数日前に、「今年の夏合宿では何かが起こる」と書かれた謎の犯行声明文が届いていたのだった。

またとない謎解きのチャンスだと胸躍らせる神紅のホームズ・明智恭介。すっかり探偵スイッチの入った明智にさからえるはずもなく、葉村は明智以下、ミステリ愛好会のメンバーとともに夏合宿に参加することに。

夏合宿らしく夜は肝試しで盛り上がるメンバーであったが、肝試しの最中に本物のゾンビが現れ、何と、紫湛荘は大量のゾンビたちによって包囲されてしまう。さらにその夜、紫湛荘の一室で愛好会メンバーのひとりが殺害され……。

こうして、平和だったはずの紫湛荘は「屍人荘」へと姿を変えるのだった……。

合わせて読みたい!

ネタバレあり!映画『フォルトゥナの瞳』のあらすじと見どころ!感想も!
ネタバレあり!小説版『パラレルワールドラブストーリー』のあらすじと見どころ!感想も!

公開日が待ちきれない!映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』の原作キャラと主要キャスト解説

ゾンビが登場するスリラーでありながら本格ミステリでもある映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』では、個性豊かな豪華キャストの競演が楽しめる。公開日と合わせてチェックしていただきたい。

葉村譲(神木隆之介


映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』の主人公。神紅大学のミステリ愛好会に所属し、明智恭介とともに「神紅のワトソン」と呼ばれている。ミステリ好きなだけあって洞察力にすぐれ、大学内では明智とともに些末な謎を解いて満足している。

明智恭介(中村倫也)

ミステリ愛好会会長で、葉村の先輩にあたる。クールな出で立ちと鋭い観察眼から「神紅のホームズ」とよばれ、謎解きを至上の喜びとしている。ただ、時折葉村に論破されると感情的になり、ロジックを破綻させてしまうというお茶目な一面ももっている。

剣崎比留子(浜辺美波)

神紅大学に通う学生でありながら、私立探偵としての顔を持つ。学内でも情報通で、本作でも彼女が明智と葉村にひとつの謎を提供したことからストーリーが大きく動いていく。原作小説では黒髪の美しいクールな美少女として描かれている。

その他のキャストにも注目!

映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』では葉村、明智、剣崎のほか、ミステリ愛好会の個性豊かなメンバーが登場する。一見すると和気藹々とした愛好会のようだが、ひとたび薄皮をめくればメンバー同士の複雑な因縁が露わになり、その因縁こそが一連の謎の伏線にもなっている。謎を解いていくごとに崩壊していく人間関係も非常にスリリングで、刺激的である。

公開日もチェック!映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』の原作解説!

公開が迫った映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』。原作にも登場する見どころについて解説していこう。

キャラクターが面白い!

本格ミステリでありながら、原作はライトノベルに近い文体で綴られており、随所にクスリと笑わせられる箇所がいくつも仕込まれている。

原作の冒頭、葉村と明智が大学の学食でちょっとした謎解きバトルを繰り広げられるのだが、このやり取りが絶妙にくだらなくて面白いのである。

浜辺美波演じる剣崎比留子も見逃せない。予告映像では原作の通りクールな美女として描かれているようだし、浜辺美波がどのように比留子というキャラクターをふくらませてくれるのか、今から楽しみだ。

ゾンビが怖くない?

タイトルの通り、本作の大半ではゾンビが登場し、葉村たちに襲いかかるのだが、原作を含め、『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』はゾンビ映画ではない。もちろん、ゾンビが登場するシーンはホラーそのものなのだが、決してゾンビとの対決がメインではなく、ストーリーの中盤以降はゾンビたちがしばらく放置されている。

階段からいとも簡単に転げ落ちる描写など、見ようによってはゾンビたちが可愛く思えてくるから不思議である。

やっぱり謎解きがすごい!

どうしてもゾンビのインパクトに目が奪われてしまうが、『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』はあくまでも本格ミステリであり、ストーリーの中核となるのは純然たる謎解きである。伏線に次ぐ伏線。緊張と緩和が絶妙に計算されたゴールまでの展開はまさに脱帽というほかない。

たんなるミステリではなく、重要な伏線として人間ドラマがさしはさまれていたりと、ドラマ性も申し分ないクオリティとなっている。

公開日も発表!映画『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』の解説を読んでキャストを予習しよう!

年内の映画化が決まっている『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』。本格ミステリでありながらゾンビスリラーであり、なおかつ複雑な人間ドラマを堪能できる『屍人荘の殺人(しじんそうの殺人)』の原作を今のうちにチェックして公開日にそなえよう!

合わせて読みたい!

ネタバレあり!映画『フォルトゥナの瞳』のあらすじと見どころ!感想も!
ネタバレあり!小説版『パラレルワールドラブストーリー』のあらすじと見どころ!感想も!