ネタバレあり!映画『去年の冬、きみと別れ』のあらすじと見どころ!感想も!

EXILE, サスペンス, ミステリー, 中村文則, 北村一輝, 原作あり, 岩田剛典, 斎藤工

芥川賞作家として知られる中村文則の同名小説の映画化。謎多き焼死事件の真相を追いかけるフリーライターをEXILEの岩田剛典、焼死事件の容疑者とされるカメラマンを斎藤工がリアルに演じています。「映像化不可能」とまで言われた狂気的な作品世界を緻密な構成とカメラワークで忠実に映画化し、原作以上に濃密で幻想的な作品に仕上げています。

『去年の冬、きみと別れ』を家でじっくり楽しむならコチラ!


作品タイトル 「去年の冬、きみと別れ」
制作年 2018年
劇場公開 2018年3月10日
制作国 日本
監督 瀧本智行
脚本 大石哲也
原作 中村文則(『去年の冬、きみと別れ』)
キャスト 耶雲恭介 岩田剛典
木原坂雄大 斎藤工
木原坂朱里 浅見れいな
松田百合子 山本美月
吉岡亜希子 土村芳
小林良樹 北村一輝

映画『去年の冬、きみと別れ』のあらすじまとめ!

都内某所の一室で、吉岡亜希子(土村芳)という女性が焼死するという事件が起きた。

亡くなった女性が盲目であったこと、容疑者となったのが新進気鋭のカメラマンとして注目される木原坂雄大(斎藤工)であることからこの事件は世間的にも話題を集め、興味本位の記事が垂れ流された。

木原坂のほうに明確な殺意が認められなかったことから、事件は保護責任者遺棄致死罪というかたちで処理され、木原坂は実刑を免れ、カメラマンとしての職に復帰する。

ある日、耶雲恭介と名乗るフリーライターによって、吉岡亜希子の焼死事件にまつわる取材記事が出版社に持ち込まれる。

それは、木原坂雄大には吉岡亜希子に対し明確な殺意があった、とする記事だった。

「彼女が燃えている最中の写真があったとしたら?」

熱を帯びた口調で訴えかける耶雲。応対したデスクの小林良樹(北村一輝)はよくある三文記事だと追い払おうとするが、耶雲は次の日も出版社をしつこく訪問し、木原坂がまともな神経の人間ではないとする証拠を次々と提出する。

事件の核心に近づくにつれて、次第に明らかになっていく木原坂の本性。フリーライターとしての使命感を胸に木原坂の罪を暴き出そうと奔走する耶雲だったが、木原坂の魔の手はついに婚約者の松田百合子に及び……。

映画『去年の冬、きみと別れ』のネタバレと評価!

松田百合子を自分のものにすべく、自宅に監禁する木原坂。百合子は木原坂によって生きたまま焼き殺され、婚約者を失った耶雲はフリーライターとして木原坂に永遠の復讐を誓う……。

『去年の冬、きみと別れ』を単純な復讐劇だと思って観た人は、作者と俳優陣、そして作品世界にまんまと騙されることになります。

すべての真相を明らかにするためにはまず、時計の針を戻す必要があるのですが、長くなるので次のコーナーで詳しく解説します!

映画『去年の冬、きみと別れ』の緻密すぎるどんでん返し!

重層的な作品世界で知られる中村文則のベストセラー小説だけあって、映画『去年の冬、きみと別れ』には思わず「あっ!」と声が出てしまうどんでん返しが用意されています。

耶雲恭介と亜希子は恋人同士だった

ストーリーの中盤あたりで明らかになりますが、耶雲恭介はフリーライターではありません。「耶雲恭介」という名前もまったくの偽名、小林達に伝えたプロフィールもデタラメです。

そして、恭介と亜希子は恋人同士でした。図書館で自分が関わった点訳本をわざわざ取り出している亜希子に恭介のほうから声をかけ、付き合うようになったのです。

障害を乗り越えたふたりの交際は順調でしたが、結婚には至らず、ふたりは別れてしまいます。亜希子が木原坂が起こす焼死事件に巻き込まれるのは、その直後のことでした。

つまり恭介は、事件を客観的に追うライターではなく、「最愛の恋人を事件によって失った青年」だったのです。

ここがこの物語のキーポイントになりますので、よーく覚えておいてください。

小林と木原坂はつながっていた

出版社のデスクとして恭介の持ち込み記事を客観的に評価していた……かに見える小林ですが、実は木原坂とは焼死事件よりもずっと前からつながりがありました。

木原坂雄大とその姉の朱里は、幼い頃から父親の執拗な虐待を受けていました。このまま虐待を受けつづけていては自分たちの命があぶないと判断したふたりは、ある日、思い余って父親を殺してしまいます。その行為が確信犯的であったのか、あるいは不可抗力であったのか、そのあたりは映画では描かれません。

その「殺人現場」に居合わせたもうひとりの人物……それが小林でした。まだ青年だった小林に、朱里は自分たちをナイフで傷つけ、一連の事件を強盗による仕業に見せかけるよう訴えます。

「あなたのおかげで、私たちは自由になれる」

朱里の迫力に負けた小林は、彼女の頼みに応じ、秘密の共有者になることを決意します。

ふたりと小林のつながりは時が経ってからもつづき、とくに朱里とは気が向いた時に体を重ねる関係にまでなっていました。

さらに小林は、木原坂雄大が吉岡亜希子を被写体にするための手助けをします。雄大の誘いになかなか応じない亜希子に薬を嗅がせて無理やり撮影場所まで連れていき、朱里と雄大の手によって彼女が監禁され、焼き殺されていく様をその場にいて、ただただ見つめていたのです。

小林もまた、一連の事件の共犯者だったのです。

百合子は恭介の婚約者ではない

物語の流れを素直に楽しんでいる人にとって、恭介と百合子は結婚を間近に控えたカップルにしか見えないかもしれません。

その時点でもう、あなたは騙されています。恭介と百合子は、カップルでも何でもありません。

亜希子の焼死事件が木原坂による殺人であることを確信した恭介は、狂気にとりつかれた姉弟に鉄槌を下すべく、ある復讐計画を思いつきます。

しかし、その計画を完遂するためにはどうしても、ひとりだけ共犯者が必要でした。恭介は自殺サイト上で百合子に声をかけ、多額の報酬によって復讐計画にくわわることを承諾させたのでした。

恭介の復讐……それは、木原坂姉弟にもうひとつの罪を犯させること。そしてそれは、ふたりが確実に死刑になるほどの重大な罪でなくてはならない。

恭介の計画を達成に導くため、百合子は彼のフィアンセとして振る舞い、結婚を目前に控えていることを周囲に印象づけます。すべては、「他人の所有物に異常なまでの執着を見せる」という木原坂雄大の特性を利用し、百合子に執着心の矛先を向けさせるためでした。

百合子と雄大が偶然に顔を合わせるシチュエーションをつくり、雄大の本性が露わになったところで、恭介は彼を挑発し、理性のブレーキをはずしにかかります。

そして、衝動をおさえきれなくなった雄大は百合子を監禁。撮影場所に火を放ち、2度目の焼死事件を引き起こします。

恭介はフィアンセを殺された青年になりますが、実は、炎に呑まれて死んだのは百合子ではなく、朱里でした。

恭介は秘密裏に朱里とコンタクトを取り、一瞬のスキをついて彼女を眠らせ、監禁されている百合子と焼死事件の寸前ですり替えたのでした。

亜希子を死に至らしめた朱里を焼き殺し、雄大には一生背負っても背負いきれない重い罪を負わせる。壮大すぎる復讐計画を成し遂げた恭介は百合子とただの他人に戻り、何者でもない人間として都市の闇にそっと身を潜めるのでした。

映画『去年の冬、きみと別れ』の全体の感想

二重三重、何重にもわたるトリックに騙されること必死の映画『去年の冬、きみと別れ』。この臨場感とどんでん返しは映画版でしか味わえませんので、「あざやかに騙されたい!」という方はあえて原作を読まず、映画のほうからお楽しみください!

『去年の冬、きみと別れ』を家でじっくり楽しむならコチラ!



作品タイトル 「去年の冬、きみと別れ」
制作年 2018年
劇場公開 2018年3月10日
制作国 日本
監督 瀧本智行
脚本 大石哲也
原作 中村文則(『去年の冬、きみと別れ』)
キャスト 耶雲恭介 岩田剛典
木原坂雄大 斎藤工
木原坂朱里 浅見れいな
松田百合子 山本美月
吉岡亜希子 土村芳
小林良樹 北村一輝