ネタバレあり!映画『億男』のあらすじと見どころ!感想も!

佐藤健, 君の名は, 川村元気, 沢尻エリカ, 藤原竜也, 高橋一生

『君の名は。』など多数のヒット作を生みだした川村元気のベストセラー小説『億男』佐藤健主演で映画化。高橋一生、藤原竜也、沢尻エリカ、北村一輝ら豪華キャストをむかえ、スリリングながらも人間味あふれるヒューマンドラマに仕上げています。

『億男』を家でじっくり楽しむならコチラ!



作品タイトル 「億男」
制作年 2018年
劇場公開 2018年10月19日
監督 大友啓史
脚本 渡部辰徳
大友啓史
原作 「億男」(川村元気著)
キャスト 一男 佐藤健
九十九 高橋一生
万佐子 黒木華
あきら 池田エライザ
十和子 沢尻エリカ
百瀬 北村一輝

映画『億男』のあらすじまとめ!

主人公の一男(佐藤健)は、3000万円の借金を背負い、妻と子どもにも愛想を尽かされ、いくつものバイトを深夜まで掛け持ちしてようやく養育費を捻出するすさんだ暮らしを送っていた。

俺の人生には何の希望もない。月に数回の娘との面会日だけを心の支えに、ぎりぎりのところで人間らしさを保っていた一男に、ある日突然、予想だにしていなかった幸運が舞い降りる。

それは、3億円分の宝くじの当選だった。たった1日にして大金を手にした一男はあまりの奇跡に不安になり、大学時代の同級生で同じサークルだった九十九(高橋一生)のもとを訪ね、3億円をどう使うべきかを相談する。

「そういうことなら、いい使い道を教えてやるよ」

深夜、九十九に誘われたのは派手なパーティー。「3億円を一夜にして手に入れた世界一幸運な男」として祭り上げられ、酒の勢いも手伝って我を忘れた一男は、泥酔したままパーティー会場で眠りこけてしまう。

翌朝、一男が目を覚ますと、パーティー会場はただの一室と化し、パーティーの参加者はもちろん、九十九本人も姿を消していた。

「まさか、あいつ……」

我に返った一男は、もしやと思って3億円入りのバッグを探しはじめる。しかし、案の定、3億円はバッグごと何者かに持ち去られていた。

金のありかを知っているとしたら、あいつしかいない。一男はSNSなどをたどって必死に九十九の足取りを追うが、いっこうに消息がつかめない。

大金を一瞬にして失い、途方に暮れる一男だったが、奇跡的にパーティーの参加者だったあきら(池田エライザ)と再会し、彼女から九十九のかつてのビジネスパートナーであった百瀬(北村一輝)を紹介される。

結局、百瀬のヒマつぶしに付き合わされただけの一男だったが、十和子、千住と九十九の過去のビジネスパートナーのもとを訪ね、起業後の九十九の足跡をたどるうち、一男は大学時代の彼にまつわる記憶を徐々に思い出しはじめる。

次第に浮かび上がる九十九の輪郭。複雑に交錯する過去と現在。九十九と過ごした日々を思い返すうち、一男は一歩ずつ「お金」のもつ本質を理解していく。

映画『億男』のネタバレと評価!

百瀬、千住、十和子。九十九の過去を知る人物のもとを訪ね、九十九が歩んできた軌跡を知った一男。

「3億円はきっと、夢か幻だったんだ……」。

九十九を探すことも半ばあきらめかけた一男でしたが、電車のなかで不意に九十九と再会を果たします。

そして、九十九の肩には、あのパーティーの夜まで一男が持っていた3億円入りのバッグが……。

「九十九、お前……」

状況を理解できない一男に、九十九は、自分が3億円入りのバッグを持ち去った理由を説明します。

九十九は決して、一男から大金を奪うつもりだったわけではありませんでした。ただ、たった1日にして大金を手にして舞い上がっている一男に冷却時間を与え、お金のもつ本質をわからせるためにあえて3億円入りのバッグを持って姿を消したのです。

「お前はもう、大丈夫だ」

安心したように呟くと、九十九は3億円入りのバッグを一男に返し、ふたたびふっと姿を消してしまいます。

お金の本当の使い道を知った一男は、その3億円で借金を完済し、本当の意味で新しい人生をスタートさせるのでした。

映画『億男』の見どころは?

お金にまつわる群像劇となった映画『億男』には、皆さんにぜひともお伝えしたい感動ポイントがたくさんあります。

佐藤健の新境地!

『るろうに剣心』の緋村剣心、『いぬやしき』の獅子神皓と、クールな役どころが多かった佐藤健ですが、今回の映画『億男』では「借金苦から妻と子どもに逃げられた男」という難しい役どころを演じています。

髪はぼさぼさ、夜遅くまで働きづめでやつれているタケル君もやっぱりイケメンでカッコよくて、緋村剣心とはまた違った魅力がありました。

個性的すぎる脇役たち

佐藤健主演、というキーワードだけでもネームバリュー満点の『億男』ですが、脇を固める俳優陣も豪華そのもの。高橋一生、藤原竜也、黒木華、沢尻エリカ、北村一輝、池田エライザという当代きっての実力派俳優が競演する映画が面白くならないはずがありません!

個人的にこの映画のMVPを選ぶとしたら、やっぱり百瀬ですね。一見たんなるギャンブル好きのように思わせながら、実はお金のもつ怖さと本質を見抜いていて、一男に重要なヒントをさりげなく与えている。千住も百瀬に負けず劣らずうさんくさくて人間っぽくて、近寄りたくないけどどこか憎めない味を出していました。

落語以上の人間ドラマ!

『億男』のあらすじをひと言でいうと、「ひとりの不運な男が失った大金を捜し歩く物語」ですが、この映画にはもう1本、ストーリー全体を貫く縦軸が通っています。

一男と九十九は大学時代、ともに落語研究会に所属していました。他人と話すのが苦手な九十九が得意としていたのは、落語。そのなかでも『芝浜』が十八番で、芝浜を演じている間だけは普段とは別人のように生き生きと言葉をつなぐことができるのでした。

映画のなかでは『芝浜』のセリフがモチーフとして随所にさしはさまれます。『芝浜』は道ばたで大金を拾った酒好きの男が奥さんにそのお金を隠され、改心して懸命に働いて財産を築きあげる、というストーリー。

九十九は大金を隠された芝浜の主人公に一男自身をなぞらえ、お金のもつ恐ろしさを全身全霊で伝えようとしていたのでした。

終盤部分、3億円を返してもらった一男に呼び止められた九十九が去り際にそっと呟く「夢になるといけねえ」は、『芝浜』の有名なサゲで、この映画全体のテーマを端的に表すメッセージにもなっています。

落語好きもそうでない方も思わずほろりとする名シーンです。

映画『億男』の全体の感想

3億円に振りまわされる一男の葛藤がどのシーンからも伝わってくる『億男』。百瀬、千住、十和子、あきらとそれぞれの人間ドラマについついほろりとさせられる名作です。

3億円を取り戻し、人生を立て直した一男は愛娘にあるプレゼントを贈ります。さて、そのプレゼントは……。

いや、やめておきましょう。またネタバレになるといけねえ。

『億男』を家でじっくり楽しむならコチラ!


作品タイトル 「億男」
制作年 2018年
劇場公開 2018年10月19日
監督 大友啓史
脚本 渡部辰徳
大友啓史
原作 「億男」(川村元気著)
キャスト 一男 佐藤健
九十九 高橋一生
万佐子 黒木華
あきら 池田エライザ
十和子 沢尻エリカ
百瀬 北村一輝